地蔵尊

延命茶の由来【樫原辻のお地蔵さん】

延命茶が振る舞われた地蔵堂

戦国時代、戦に敗れた武士が樫原の知人を頼りにこの地に参じた。

聞けど探せど、その知人はおらず、路頭に迷ってしまった。

諦め掛けたとき、ふと目をやると樫原の辻に地蔵堂があった。

武士はお堂に飛び込み、共に戦った味方の安否を地蔵尊に祈り続けた。

篤い信仰と人柄により、その武士は樫原の人々に受け入れられた。

地福院(現:龍淵寺)住職のもと、仏教を勉強し出家、
名前を雲林院とし、地蔵堂の堂主となった。

毎年7月23日にはお地蔵さんのご縁日としてお茶を配る仏事を修め、
雲林院は108歳でこの世を去る大往生であった。

そのことを受け、毎年7月23日に配るお茶を延命茶とし、
約500年経つ今なお継承されている仏事である。


毎月23日は地蔵尊御縁日法要

毎月23日午前11時より祈願のご回向をさせて頂きます。

◆お地蔵様にお参りをすると、次の福に恵まれます。

- 地蔵尊 十種の福 -

  •  一、安産である
  •  二、身体と心が満たされる
  •  三、全ての病を悉く除く
  •  四、寿命が長遠である
  •  五、聡明さと智慧を備える
  •  六、宝が満ち溢れる
  •  七、人々に愛と敬いを持つ
  •  八、お米が成熟する
  •  九、大いなる力に守られる
  •  十、この誓いを永劫に保つ

◆お地蔵様に拝む際、次の【真言】を優しく心を込めて、お唱え下さい。

をん かかかび さまえい そはか (三遍)

当日参加費:無料

祈願料:一座(一つの祈願)1,000円

集合時間:午前11時(龍淵寺山門入ってすぐ右の地蔵堂前に集合してください)

法要の流れ

・午後11時開始
・順次祈願(一座約5分間:ここで上記の真言を唱えます)
・祈願法要終了(法要全体の時間は祈願数によって異なります)
・5分間法話

持ち物:数珠、袈裟(お持ちでない方はお貸し致します)

祈願申込書(FAX用紙)

龍淵寺について

龍淵寺に関する情報は下記のリンクよりどうぞ。

行事日程

龍淵寺の法要等、年間行事日程を掲載しています。

よく頂くご質問

よく頂くご相談の内容をまとめました。

交通のご案内

龍淵寺にお越しの方はこちらにてご確認ください。