075-392-2488        info@ryuenji.com

楽器供養

楽器供養

楽器供養とは

楽器供養とは

お世話になった楽器に「ありがとう」を伝えるお手伝い

音楽は人とともに生きています。

辛いとき悲しいときは、その心を癒し、
楽しいとき嬉しいときは、それを倍増させてくれます。

そして奏でる演奏者も、その楽器とともに成長し稽古に励んでいます。

うまくできないとき、思うように演奏できないとき、
いつも一緒に行動し勇気を与えて、支えてくれます。

日本人には、すべてのものに命は宿る、ものを大切にする精神があります。

しかし大切にしていても、中には寿命がある楽器、
切れてしまった弦、鳴らなくなってしまうリードがあります。

楽器供養は寿命が来たそれらの楽器との別れ際に、
感謝の気持ちを伝える供養です。

楽器と共に過ごした時間は消えることなく、
今の自分の技となり、心となって残ります。

ご愛用の楽器に寿命が訪れた際には、龍淵寺にお納め頂き、
精一杯の感謝の気持ちを伝えましょう。

住職が責任をもって供養致します。

費用について

費用について
楽器供養料
小さな楽器・リードや弦などの消耗品 無料
大きい楽器 ご相談

できるだけ費用をかけず納めて頂きたいと思っておりますので、
皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

すべて持ち込みにて受付をさせていただきます。